オススメアンテナサイト

横浜DeNAベイスターズ

bandicam 2019-02-11 17-45-30-563

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)21:13:09 ID:q53
 DeNAの神里和毅外野手(25)が11日、紅白戦(宜野湾)でチーム今季第1号を放った、5回先頭、寺田の直球を右翼ネットに突き刺した。レギュラーを目指す2年目外野手の当たりにラミレス監督は「筒香が打っているんじゃないかというくらいの打球だった」と目を丸くして絶賛した。

 打った瞬間だった。神里の打球はライナーで一気に右翼へ伸びた。「完璧な当たり。打った瞬間いったと思いました」と沖縄出身のイケメンは胸を張った。「1番中堅」で出場。2打席目までは連続三振だったが一打でアピールに成功。桑原らとレギュラー争いをする俊足巧打の25歳は「意識しなくてもしちゃう。負けたくない。しっかり(レギュラーを)取りにいくつもりでいます」と前を向いていた。


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)19:34:58 ID:QhC
20190211-00000166-sph-000-2-view

 DeNA・ラミレス監督(44)が11日、沖縄・宜野湾キャンプを訪問した侍ジャパン・稲葉監督と話した内容について明かした。

 会話の内容は主に所属選手の現在の状態の確認。昨年、侍ジャパンに招集された浜口やドラフト1位ルーキーの上茶谷=東洋大=に名前を挙げ説明していた。指揮官は「(稲葉監督から)今永がいいみたいですね? と聞かれたのでベストコンディションですよと伝えたよ」と明かしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000166-sph-base


続きを読む

1400115_detail

739: 風吹けば名無し 2019/02/11(月)19:12:20 ID:0a8
 DeNA・飯塚悟史投手が沖縄・宜野湾キャンプの11日、紅白戦で主力組の2番手で登板した。

 「いい緊張感の中で投げることができました」

 三回からの2回を投げて4安打1失点だった。三回は2死から3連打で1点を失ったが「インコースを狙ったのが甘く入り、それを打たれてしまった。でも1イニング目で悪かった内角のボールは2イニング目で修正できました」とうなずいた。

 それでも2番手とはいえ、登板した1イニング目の失点は先発投手として序盤の失点を意味する。「(2番手で)正直、難しい部分はあったけど、立ち上がりという意味では次はしっかり投げたい」と反省も忘れなかった。

 ラミレス監督によれば、この日の最速は149キロをマークしたという。「今は与えられたチャンスで全力で応えられるように心がけています」。先発ローテーション定着を目指し、5年目右腕は必死にアピールする。」

https://www.sanspo.com/baseball/news/20190211/den19021119010008-n1.html

飯塚149キロでたみたいだな

続きを読む

index

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日)12:12:45 ID:L8D
<お題に答えます>◇9日

キャンプ中の12球団選手、監督、コーチらが日替わりの「お題」に答えます。9日のお題は「【漫画の日】人生に影響を受けた作品は?」です。

【写真】今永のズボンを必要以上にあげるDeNA筒香

▼DeNA筒香 スラムダンク。安西先生が好きだった。優しい目で見守る感じ。いい指導者ですよね(ホッホッホッと言う指導者に会ってみたいです)


何気ない質問にも最近の会見内容を絡ませてきたな

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 01:46:22.76 ID:G4xMapqq0
20190209-00000580-sanspo-000-4-view
 DeNA・山崎康晃投手が沖縄・宜野湾キャンプの9日、フリー打撃に初登板し、乙坂、細川を相手に27球を投げた。

 「けがなくやってきて、この時期に1軍の打者に投げて感触を確かめることができました」

 チームのスケジュールに合わせて例年よりも早いペースで調整を進めているというが、ここまでは順調で「ストライクもそこそこ入りましたし、指にかかるボールもありました」と納得の表情をみせた。

 この日はスライダーも試投した。「(相手に)あるぞと考えさせることができるだけで武器になる」。実は去年、投げたがゲレーロに本塁打を打たれたことで「封印していたんです」という。スライダーに限らず、「三浦コーチからカーブを教わってみてもいい。武器になるのなら試していきたい」と、直球、ツーシームに続く“第3の球種”を増やす考えを示した。

 昨年、自己最多タイの37セーブで初タイトル(新人王を除く)を獲得したが、チームが優勝するにはもっと積み上げてきたい。山崎は、この時期ならではの試みで投球の幅を広げようとしている。


抑えにカーブっているか?

4: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 01:47:33.53 ID:zm4Fqafdd
たまに投げるぐらいならカーブもアリ

続きを読む

554: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)22:22:06 ID:mF4
AS20190207002306_comm
 春季キャンプ真っ盛り。激しいレギュラー争いが繰り広げられる1軍キャンプに比べると、2軍はやや趣が違う。数年後にチームを背負うかもしれない若手の中に、けがからの復活を期す選手が交じる。昨年8月に右肩を手術した梶谷隆幸(30)も、バットを振り込んでいた。

 右肩は2016年の途中から、痛み出した。チームが初めてクライマックスシリーズ(CS)に進出したこの年。3位以内を争う連戦の中、右翼のレギュラーだった梶谷が先発を外れることは少なかった。不運は重なり、CS第1ステージの巨人戦では死球を受け、左薬指を骨折。それでも試合に出続けた。

 「一番痛かった」と振り返るのが、翌年だ。キャッチボールで5~10メートルを投げるのが、やっとの状態。痛い日と、痛みが和らぐ日があったが、「極力、肩を使わないようにしていた」。レギュラーシーズン出場137試合、CS8試合、日本シリーズ6試合の中で、試合前のシートノックで守備位置についたのは、3回だけだったという。

 昨年8月、死球を受けて出場選手登録を抹消され、もともと痛めていた右肩にメスを入れることを決めた。「手術をしなかったら、先が見えない。少なくとも、肩がよくなることはない」。リハビリを経て今、若手と汗を流す。
(続きはリンク先)

梶谷の記事
現状外野からの返球は内野手に返せる程度だって
開幕に間に合わせるつもりらしいがどうなる

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 16:45:48.91 ID:ep/uKUcy0
20190210s00001173182000p_view
 DeNAの今永が10日、沖縄・宜野湾キャンプでフリー打撃に初登板。打者2人を相手に41球を投げ、安打性の当たりを3本に抑えた。

 宮本には安打性はなし。桑原には20球を投げ、安打性3本で2本の柵越えを浴び「リラックスすることを心掛けていたが、マウンドに立つと多少力みがあった。1軍レベルでは力みがあると打たれる」と反省を交えて振り返った。

 それでも直球は早くも最速で146キロをマーク。カーブで空振りを奪う場面もあった。昨季は4勝11敗と低迷した4年目左腕。復活に向け、順調な調整ぶりをみせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000095-spnannex-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:06:30.70 ID:3YI+n7tf0
20190210-00000161-sph-000-2-view

 DeNAのネフタリ・ソト内野手(29)が10日、沖縄・宜野湾キャンプで一部別メニューで調整した。

 ラミレス監督によると、9日のベースランニング中に右足首をひねったため大事を取ったという。午前中、投内連係など守備練習には参加せずダイヤモンドの外で待機。午後の打撃練習には加わった。

 今後はトレーナーの判断によるが重症ではない見込みで、ソトは「ダイジョウブ」と笑顔で宿舎に歩いて戻った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000161-sph-base

2: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:06:48.53 ID:+N3iZb140
おいおい大丈夫か

4: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:07:17.00 ID:SKlUo1F/0
去年も開幕で遅れてたか

7: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:07:40.77 ID:nHJAHN4oa
なーにやってだ

続きを読む

39

1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)21:26:04 ID:j5y

5: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)21:44:47 ID:uGR
オチ担当でしょ

続きを読む

534: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)19:57:09 ID:wvp
201902090000637-w1300_0

車体同様の重厚感は、ミット音に表れた。

DeNAのドラフト3位右腕、大貫晋一投手(25=新日鉄住金鹿島)が9日、ブルペンで新球「メルセデス・ツーシーム」を披露した。

ドイツ製の高級車をほうふつとするスピードある直球は、プレート付近で急激にシュートした。今までのツーシームは、シンカーのような球筋の1種類のみ。「右打者だけではなく、左のインコースにもフロントドアが使える」と新たな武器の“乗り心地”を口にした。

投球の幅を広げるべく、キャンプから2種類目のツーシームの試作を繰り返した。キャッチボール中に握りを模索し、これまでよりも握り幅を狭めた形で落ち着いた。そこに三浦投手コーチからの「縫い目を意識しろ」というアドバイスが生きた。「ハッとしました。意識するだけで曲がりが全然違う」と完成形へと近づけている。

持ち球は直球、カーブ、スライダー、フォーク。そしてツーシームの対となるカットボールも生きると考える。「攻め方が変わる。だから今すごくカットボールの練習もしているんです」とうなずく。番長も然りだ。三浦コーチは現役の05年、カットボールを習得。対のシュートとの幅のある投球で、キャリア初のタイトル(最優秀防御率、最多奪三振)を獲得した。大貫も「そうなれたらいいですけど」と背中を追う。

誕生日だった3日、全体集合の際にベンツのマークを体全体で表現した一発ギャグ「メルセデス」を披露し、注目を集めたルーキー。社会人時代、チェンジアップも挑戦したが、モノにはできなかった。やっぱり大貫には“メルセデス”が似合う。【栗田尚樹】


番長のアドバイスで上手く行ったらしい

535: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)19:58:19 ID:2OJ
今のところ番長有能っぽい

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング